情報処理学会誌6月号

こんにちは。です。

私が所属する情報処理学会から6月号の会誌が届きました。

テーマは装着型センサと行動センシング

 

 

スマートフォンの普及で、私たちはいわゆる「センサー」を、常に身に着けて生活している事になります。

それによって、いろんな技術的な可能性が広がるという話。

例えば、介護や病院、自動車教習所、スポーツの練習の場など。
特に介護現場での高齢者の見守りや、自動車教習所での高齢者のモニタリングが面白そうです。

スマホを胸ポケットに入れておいて、自動車講習所で高齢者に運転してもらい、それをモニターします。
そうすると、例えば、信号交差点での運転動作を若い人の運転と比較して、「あなたは若い人より1割ぐらい反応が遅れてますよ」とか、自分の運転についていろんな気づきを得ることが出来そうです。

プライバシーとの関係もありますが、スマホの普及によって、いろんな可能性が広がってきましたね。

 

【関連記事】 大切にしたいこと

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2015.3.19

【忠恕会】論語の素読会に参加しました

論語を「声を出して読む」ということ。 こんにちは。鈴木尚です。 今夜は経営コンサルタントの梅本 泰則先生と、ボイストレーナーの奥…

おすすめ記事

ツイッター

最近読んだ本

ページ上部へ戻る