【プロジェクトの人間学】その31

【プロジェクトの人間学】その31

こんにちは。鈴木尚です。

派生開発をしていると、過去の経緯がわからなくて困ることがあります。

特にテスト仕様を考えている時などは、テスト項目に漏れかないかどうか、自分の知らない機能が無いかどうか、不安になります。

こんなときに、過去の資料がしっかりしていると、本当に助かります。

なので、今、担当している仕事についても、今後、誰かの役にたつだろうという気持ちで、丁寧に結果を残しておきたいものですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2016.9.25

日本システム監査人協会中部支部・北信越支部・JISTA中部合同研究会

こんにちは。鈴木尚です。 今日は、日本システム監査人協会中部支部・北信越支部・JISTA中部の合同研究会でした。 テーマは『新技…

おすすめ記事

ツイッター

最近読んだ本

ページ上部へ戻る