数学と情緒

『私の数学は情緒である』

岡潔氏はとても偉大な数学者だそうです。

でも、若い頃、数学だけじゃダメということで、芭蕉を研究されました。

すると、日本的な情緒が腑に落ち、結果的に、本業の数学でスゴイ業績を残すことが出来たとの事です。

この二冊の随筆を読んだのはもう何年も前の事ですが、私が古典にハマったころと同じ時期。

自分の専門を伸ばすには、専門の事だけを学ぶのではなく、こういった哲学や思想的な事も合わせて学びたいものです。

一見、遠回りのようでも、実は車の両輪のように、グイグイと前に進む事ができるのではないでしょうか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2015.8.28

アジャイル開発とスクラム

こんにちは。鈴木尚です。 今夜は、技術士会の部会に参加しました。 5月のプロジェクトマネジメント学会でもお話を聞いた平鍋 健児さ…

おすすめ記事

ツイッター

最近読んだ本

ページ上部へ戻る