【案内】セミナー講師の甲子園セミコングランプリ2012

こんにちは。鈴木です。

皆さんは「セミコン」をご存じですか?

セミコンとは一般社団法人 日本パーソナルブランド協会が主催する「セミナーコンテスト」の事です。

 

 

私は普段から、「学ぶ姿勢」が大事だと考えていますが、セミコンはまさに、学びの場です。

そしてセミコングランプリとは、その全国大会。

昨年は名古屋で開催されましたが、今年は東京で開催されます。

詳細はこちら ⇒ セミコングランプリ2012

現在は、12月22日の本大会に向けて、全国各地で敗者復活戦と各地区優勝者による 代表決定戦が行われています。

このセミナーコンテストは、

  • 挑戦者が自分の経験をもとにして、オリジナルの10分間セミナーを作る。
  • それを50名ほどのオブザーバーの前で発表する。
  • オブザーバが評価をしてその合計得点で順位をつける。

というものですが、ポイントは「10分間」というところ。

この10分間という長くて短い時間の中に、挑戦者は、自分の人生を振り返り、自分の強みを見出し、悩み、苦しみ、仲間やスタッフの助けを得ながら、全てを練りこんでいきます。この作業通して、挑戦者自身がものすごく成長をしていくのですね。

名古屋では今年は3回開催されました。

第12回優勝 大塚朋美さん

第13回優勝 富澤 正さん

第14回優勝 阪田 奈津さん

そして先日行われた代表決定戦を勝ち抜き、東海地区を代表してグランプリに出場するのは、

富澤 正さん

敗者復活戦に挑戦するのは、

阪田奈津さん

照井 清一さん

の2名。

敗者復活戦は、グランプリの前日に開催され、この敗者復活戦で優勝すると、翌日のグランプリに出場出来るというルールです。

厳しいですね。

でも、こうして勝ち上がって来た挑戦者達ですから、たとえ10分間のセミナーでも、レベルはとても高いです。

もしご興味がありましたら、まだオブザーバ参加者を募集していますので、ぜひセミコングランプリを楽しんで下さい!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

15077682421_bdecd2fb8d_o

2014.8.30

カンバン ソフトウェア開発の変革(名古屋アジャイル勉強会)

トヨタ生産方式の「カンバン」を、ソフトウェア開発に応用するには? こんにちは。鈴木尚です。 昨日は名古屋アジャイル勉強会に参加し…

おすすめ記事

ツイッター

最近読んだ本

ページ上部へ戻る