もしもシステムが止まったら・・・ 【システム監査】研究会参加報告

t02200367_0240040010844316095

こんにちは。です。

昨日は、参加している日本システム監査人協会中部支部の研究会に参加してきました。

今回初めて参加させていただきましたが、非常に有意義な一日でした。

今までは独学でやってきましたが、やはりその道の先輩方に交じって勉強させていただく方が何倍も得るものがありますね。つくづく感じました。

【参考】SAPエキスパートコラム(田淵隆明氏)

また今回は、ジョン万次郎の直系の子孫でいらっしゃる中濱京氏の特別講演もありました。

大事な事として、

・最後まであきらめない
・人間同士の付き合いに、差別や上下関係を持ちこまない

という事でした。納得。

さて、研究会は「社会システムとシステム監査」がテーマです。

みなさんが日々生活する上で、無くなったら困るものって何ですか?

・電気、水道、ガスの供給
・公共交通機関
・銀行のATM
・コンビニなどなど

これらの仕組みを動かし続けるには「情報システム」が必要です。

逆に、「情報システム」が故障したら、これらの仕組みが止まって、皆さんの生活に支障をきたすのです。

であるならば、「情報システム」をしっかり作りましょうよ。

でも、自分がやる事って、甘くなったりしませんか?「まあ、これぐらいで良いだろう」とか「今日は疲れたからこのぐらいにしておこう」とか。。。

所詮、人間のする事ですからね。

 

↓ 応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ

名古屋のITカウンセラー。カウンセリング、悩み相談


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

15077682421_bdecd2fb8d_o

2014.8.30

カンバン ソフトウェア開発の変革(名古屋アジャイル勉強会)

トヨタ生産方式の「カンバン」を、ソフトウェア開発に応用するには? こんにちは。鈴木尚です。 昨日は名古屋アジャイル勉強会に参加し…

おすすめ記事

ツイッター

最近読んだ本

ページ上部へ戻る