解説CDを聴くということ

こんにちは。です。

先日、戦略学博士の奥山真司氏の「戦略の階層」の解説CDを購入しました。

これは先日投稿した書評でもご紹介いたしました、「世界を変えたいなら一度”武器”を捨ててしまおう」の中で紹介されている、「戦略の階層」という考え方を、より深く解説したものです。

以前、論語の朗読CDを購入して車で聴いていたものですが、今回解説CDを購入して聴いてみて、改めてその便利さに気が付きましたので、ここで紹介させていただきます。

 

<意外と良かった事>

・車で移動しながら聴ける

・iphoneに入れれば、電車や歩きながら聴ける

・目を閉じて聴くと、結構、頭に入る

・とにかく本を読むより便利!

 

とまあ、べた褒めなわけです。

やっぱり何か他の事をしながら知識が得られるというのは、本当に便利なわけです。

※なので、ついつい別のCDも注文してしまいました。

 

さて肝心の「戦略の階層」です。

 

書評でも少し触れましたが、改めて「戦略の階層」の解説を聴いてみて、自分の「戦略の階層」を見直してみました。

何と言いますか・・・今年、いろいろな方のセミナーを聴いたり、本を読んだり、自分で考えたりしたことが、すっと一本の線でつながったような感覚です。

 

「世界観」「政策」「大戦略」

 

この3つが特に重要で、これがしっかりしていないと、その後でいくら具体策を練ってもダメだということ。

まだまだしばらく、「戦略の階層」について考えてみたいと思います。

 

【関連記事】 【書評】世界を変えたいなら一度”武器”を捨ててしまおう 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.8.30

カンバン ソフトウェア開発の変革(名古屋アジャイル勉強会)

トヨタ生産方式の「カンバン」を、ソフトウェア開発に応用するには? こんにちは。鈴木尚です。 昨日は名古屋アジャイル勉強会に参加し…

おすすめ記事

ツイッター

最近読んだ本

ページ上部へ戻る