致知 2014年12月号

今月の致知が届きました。

テーマは『発想力』

山鹿素行の話が載っています。

私は以前、図書館で山鹿素行の『武教小学』を読んだ事がありますが、この記事を読んで、もっと他の著書も読みたくなりました。
さて、吉田松陰も山鹿素行から多くの事を学んだようですね。

ということは、山鹿素行の前では、私も吉田松陰も同じ生徒の一人ということ。

恐れ多いですが(^^)
でもそんな風に、昔の偉人たちと同じモノを読み、同じように感じる事が出来るのが、古典の面白いところだと思います。

維新を成し遂げた明治の元勲達が読んで影響を受けた書物を、現代の私達も同じように読むことができる。

これってとても幸せな事かもしれませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.1.25

『Scrum Boot Camp in 名古屋』をふりかえってみる

こんにちは。鈴木尚です。 今日はDEVLOVE名古屋主催のScrum boot campの振り返り会に参加しました。 普段はWF…

おすすめ記事

ツイッター

最近読んだ本

ページ上部へ戻る