【プロジェクトの人間学】その89

【プロジェクトの人間学】その89

プロジェクトの成功には『人間学』が必要。

皆さんのプロジェクトは今日も元気ですか(^^)/

こんにちは。

プロジェクトカウンセラーの鈴木尚です。

メンバーとのコミュニケーションには、メールを良く使いますよね。

でも、メールの作法は人によってバラバラです。

宛先の書き方、CCの入れ方、簡潔に書く、タイトルの書き方など、様々な作法がありますが、特に気をつけたいのが、返信のルール。

メールはSNSと違って、自分が出したメールを相手が読んだかどうか、わかりません。

なので、出した側としては、相手にちゃんと伝わったかどうか心配になるものです。

小さな事かもしれませんが、これも『ムダ』のひとつ。

受け取ったメールに対して、簡単に『了解です』とだけ書いて返信するだけでも、メールを出した側が受ける安心感が全く違います。

そういう小さな事でも気をつけたいものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.8.30

カンバン ソフトウェア開発の変革(名古屋アジャイル勉強会)

トヨタ生産方式の「カンバン」を、ソフトウェア開発に応用するには? こんにちは。鈴木尚です。 昨日は名古屋アジャイル勉強会に参加し…

おすすめ記事

ツイッター

最近読んだ本

ページ上部へ戻る