【プロジェクトの人間学】その30

img_6082-1.jpg

【プロジェクトの人間学】その30

こんにちは。鈴木尚です。

多くのメンバーと一緒に仕事をしていると、今、誰が何のタスクを担当しているのかを、しっかり把握しておくことが大切です。

なぜなら、手待ちや作りすぎなどあちこちで小さなムダが発生して、気がついたら、大きく進捗が遅れていたという結果になってしまうからです。

そういう意味で、毎日の朝会とタスクカンバンは必須のツールですね。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

61500_596556233747577_1301029460_n

2014.1.25

『Scrum Boot Camp in 名古屋』をふりかえってみる

こんにちは。鈴木尚です。 今日はDEVLOVE名古屋主催のScrum boot campの振り返り会に参加しました。 普段はWF…

おすすめ記事

ツイッター

最近読んだ本

ページ上部へ戻る