【プロジェクトの人間学】その30

【プロジェクトの人間学】その30

こんにちは。鈴木尚です。

多くのメンバーと一緒に仕事をしていると、今、誰が何のタスクを担当しているのかを、しっかり把握しておくことが大切です。

なぜなら、手待ちや作りすぎなどあちこちで小さなムダが発生して、気がついたら、大きく進捗が遅れていたという結果になってしまうからです。

そういう意味で、毎日の朝会とタスクカンバンは必須のツールですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2016.6.30

PMI日本支部中部地域サービス6月度PMサロン

こんにちは。鈴木尚です。 今日はPMI日本支部中部地域サービスの6月度PMサロンで失敗事例の発表をしてきました。 内容はヒューマ…

おすすめ記事

ツイッター

最近読んだ本

ページ上部へ戻る