【書評】レモンハート 会計と監査

私はシステム監査技術者の資格を持っていますが、この資格に合格するまで、五年もかかりました(^^)

自分に監査は向いてないんじゃないかと悩みもしました。

その頃、読んだ本がコレ。

『ダメおやじ』で有名な古谷三敏氏の描いた、会計と監査のマンガです。

内容は繰延税金資産や減損会計など、今となっては思い出すのに一苦労な話題ばかりですが、監査の基本や考え方など、テキストからは読み取れない人間臭い部分が理解できて、とても役にたった事を覚えています。

やっぱり私達の世代は、マンガから入るのが早いかもしれませんね(^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.2.15

ジェネレーティブ・プログラミングの世界

こんにちは。鈴木尚です。 関西IT勉強宴会主催の『ジェネレーティブ・プログラミングの世界』という勉強会に参加しています。 業務シ…

おすすめ記事

ツイッター

最近読んだ本

ページ上部へ戻る