【書評】養生訓

先月末の国会で、11月1日が「古典の日」となりました。(祝日ではありません。念のため・・・)
(参考: http://www.kotennohi.jp/ )

ということで、古典を一冊ご紹介。

私が20代の頃に読んだ「養生訓」です。
江戸時代に書かれたいわゆる「健康指南書」。

毎日の心構えから入浴のしかた、煮物の食べ方まで、江戸時代の人が「健康」に関してどんな考え方を持っていたのかがわかって、とて面白いですよ!

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.5.18

オブジェクト設計とリーン開発、その実践に参加しました

こんにちは。鈴木尚です。 DEVLOVE名古屋主催の「オブジェクト設計とリーン開発、その実践」に参加しました。 私は普段、データ…

おすすめ記事

ツイッター

最近読んだ本

ページ上部へ戻る