傲慢にならない事 【第10条】

写真 (1)

こんにちは。です。

●傲慢にならない事 【第10条】

【第10条】
こころの忿(いかり)を絶ち、おもての瞋(いかり)を棄てて、
人の違うことを怒らざれ。
人みな心あり。心おのおの執るところあり。
かれを是とすれば、われは非とす。われ是とすれば、彼は非とす。
われ必ずしも聖にあらず。かれ必ずしも愚にあらず。ともにこれ凡夫のみ。
是非の理、詎(たれ)かよく定むべけんや。
あいともに賢愚なること、鐶(みみがね)の端なきがごとし。
ここをもって、かの人は瞋るといえども、かえってわが失(あやまち)を恐れよ。
われひとり得たりといえども、衆にしたがいて同じく拳(おこな)え。

【解釈】
システム開発において、他のメンバーの仕事を悪く言ったり考えたりするのは止めよう。

また、自分の考えが通らなくても怒らないように。

みんなそれぞれ自分の考えというものがあります。

他の人が正しくて自分が間違っているとか、
自分が正しくて他の人が間違っていると考えていませんか?

でも、自分が必ずしも正しいとは限りませんよね。

また、他の人が必ずしも間違っているとは限りませんよね。

どちらもタダの人です。

自分の言い分が正しいとか、だれが決められますか?

もしかりに、他の人が自分に対して怒っているとしても、自分に過失がなかったどうか反省し、

自分の考えが正しいと思っても、他の人の意見を聞いてみるように行動したいものです。

★私は以上のように考えますが、みなさんはどう思いますか?

【関連記事】 十七条憲法シリーズ

 

 

 

↓ 応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ

【関連記事】 十七条憲法シリーズ


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

11069554_800707266665805_6193433353396697311_n

2015.3.18

【ほめ達】何かに悩んでいるときの対応方法

何かに悩んでいるときは「考え方を切り替える」ことが大切です。 こんにちは。鈴木尚です。 今日は仕事を早めに上がって『ほめ達』の寺…

おすすめ記事

ツイッター

最近読んだ本

ページ上部へ戻る