頑張った人に報いる 【第11条】

写真 (1)

こんにちは。です。

●頑張った人に報いる 【第11条】

【第11条】
功過を明らかに察(み)て、賞罰かならず当てよ。
このごろ賞は功においてせず、罰は罪においてせず。
事を執る群卿、賞罰を明らかにすべし。

【解釈】
システム開発において、リーダは頑張った人には賞を与え、サボった人は罰を与えましょう。

しかし、「賞」って何でしょうか。「罰」ってなんでしょうか。

「鞭打ちの刑」ではないですよね(当然!)

私は「賞」は「仕事」だと考えています。

頑張った人にはより重要な仕事を頼んで、頑張らなかった人にはあまり重要でない仕事を頼む。

こんな感じです。

すると、頑張る人はどんどん重要な仕事を任されてステップアップしていくし、
サボった人はどんどん楽な仕事を回される事になります。

仕事の結果には仕事で報いる。という事です。

★私は以上のように考えますが、みなさんはどう思いますか?

【関連記事】 十七条憲法シリーズ

 

 

 

↓ 応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ

【関連記事】 十七条憲法シリーズ


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

1005957_498295976906937_1712918856_n

2013.6.22

オープンソースカンファレンス名古屋2013

こんにちは。鈴木尚です。 オープンソースカンファレンスに来ています。 昨年も来ましたが、今年も盛り上がっていますね。 オー…

おすすめ記事

ツイッター

最近読んだ本

ページ上部へ戻る