「我」を出してもしかたありません 【第15条】

こんにちは。です。

●「我」を出してもしかたありません 【第15条】

【第15条】
私を背きて公に向くは、これ臣の道なり。
およそ人、私あるときは必ず恨みあり。
憾みあるときはかならず同(ととのお)らず。

【解釈】
システム開発はチームで行う場合が多いので、
メンバーが「我」を出す事なく、チームの為に
協力しあう事が大事です。

人は誰でも「我」がありますが、
それを出してしまってはいけません。

第1条で「和をもって貴し」と宣言したのも同じ理由です。

「我」を出さないという話は論語でも良く出てきますね。

それほどまでに、人間というものは「我」が出やすいものだと

言う事でしょう。

これは年齢がいくつになっても気をつけたいものですね。

★私は以上のように考えますが、みなさんはどう思いますか?

【関連記事】 十七条憲法シリーズ

 

 

 

↓ 応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ

【関連記事】 十七条憲法シリーズ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.5.18

オブジェクト設計とリーン開発、その実践に参加しました

こんにちは。鈴木尚です。 DEVLOVE名古屋主催の「オブジェクト設計とリーン開発、その実践」に参加しました。 私は普段、データ…

おすすめ記事

ツイッター

最近読んだ本

ページ上部へ戻る