山鹿素行「中朝事実」を読む

こんにちは。です。

中朝事実。ソッコーでポチりました。

 

これは350年前の江戸時代前期に書かれた本です。

著者は山鹿素行。

吉田松陰の遠い遠い先生でもありますね。

 

戦国時代が終わって平和になり、世には支那かぶれの学者が多くなってきました。

なので、『違うでしょ?まず日本でしょ?』と言う事を知らしめるべく、書き上げたとのこと。

私も、論語や中国の古典をよく読みますが、やはりそれはあくまで『洋物』

日本のオリジナルも学びたいと、前々から考えていました

 

ページが多いので時間がかかりそうですが、少しずつ読み進んでいきたいと思います(^^)

 

【関連記事】 大切にしたいこと

 

 

↓ 応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ

名古屋のプロジェクトカウンセラー。カウンセリング、悩み相談、ムダに頑張らないプロジェクトマネジメント

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2012.11.25

データモデリングライブに参加してきました

こんにちは。鈴木尚です。 昨日、ITイノベーション様が主宰の「渡辺幸三のデータモデリングライブ@名古屋」に参加してきました。 講…

おすすめ記事

ツイッター

最近読んだ本

ページ上部へ戻る